2013年北海道の旅~6日目 カヌーに乗る…☆彡



今回楽しみしていたイベントのひとつにカヌーがあった。
板室ダム湖で乗ったカヌーはかごめのおもりで大変だったけど
今日はガイドさんが同行してくれるし、
ツインカヌーなのでひっくり返る心配もないし、
なんたってかごめたちの面倒をかきPがみてくれるというのがいい。


f0236653_1661785.jpg

6時半出発なので4時半起き。
かごめたちだけにごはんを食べさせ私たちは食べずに行った。

昨日川の様子を聞いたら、
釧路川源流部は台風でも川が増水することなどほとんどないので
安心してくださいと言われルンルン気分で出かけられた。


f0236653_1675235.jpg

かきPがかごめとTAOを抑える係り。
私は優雅に乗っているだけでいいんです。

いざ出発…。


f0236653_1682653.jpg

出発してすぐに橋がありそこを潜ると川下りの始まりです。
川霧です。
初めて見た。なんて幻想的なんだろう。
ちょっとお風呂の湯気のようにも見えるけど自然が作った神秘の世界だね。


f0236653_169432.jpg

晴れた早朝に出るそうですよ。
早起きは三文の徳。大変だったけど早朝にしてよかった。


f0236653_1610668.jpg

それにしても幻想的。
もっともっと早い時間だったらもっともっと霧が出ていたかもしれないよね。


f0236653_16103335.jpg

f0236653_16105995.jpg

f0236653_16111262.jpg

ガイドさんがいるととっても楽。だって漕がなくていいから。
いろんな話も聞けて、こういう場所では自分たちで漕ぐよりも楽しいかも。
このガイドさんも京都から移り住んできたみたい。
ガイドをされている方にはそういう人が多いと言っていた。


f0236653_16114266.jpg

しばらく行くと流れのない場所がある。
ここは『鏡の間』というところ。
写真だと分かりにくいけど透き通っていてとっても水がきれい。
流れている川の水は結構暖かいんだけど、
ここは湧水だから常に8℃くらいしかなくてとっても冷たかった。


f0236653_1613734.jpg

同じような景色が続くけど
ゆっくりと時間が流れているようで本当に癒されます。


f0236653_16133329.jpg

f0236653_16134429.jpg

さっ、ちょっと休憩です。
ハーブティーをいただきました。


f0236653_1614710.jpg

ずっとのどが渇いていたかごめとTAOは湧水をゴクゴク飲んでた。
冷たくて美味しかったみたいだけど、
LONmamaに川の水は飲まない方がいいよって言われていたんだっけね…。
エキノコックスは大丈夫かしら???


f0236653_16145321.jpg

f0236653_1615352.jpg

カヌーには3つのコースがあって
最初はかごめたちのことも考えて
90分のショートコース(乗ってる時間は1時間弱くらい)をお願いしていたんだけど
受付の時にガイドさんにショートはあっという間ですよなんて言われたもんで、
かごめたちのことはかきPが何とかしてくれるだろうと勝手に決めて
ミドルコースをお願いすることにした。
ミドルコースにはちょっと流れの速いところもあって期待が高まる…。


f0236653_16155497.jpg

そしてその流れの速いところへやってきた。
結構水しぶきがかかるというのでカメラをしまってカヌーにしがみつく。
でも思ったほど濡れなくて、
これならばカメラ持っていても大丈夫だったかも…。


f0236653_16162132.jpg

最初はかごめたちがどうなることかと心配されたカヌーだったけど、
さすがにかきPに抑えられじっとしていてくれました。
そんな楽しいカヌーの川下りもこの橋でお終い。
もっと長いコースもあるので次回来ることがあれば乗ってみたいな。


f0236653_1616556.jpg

犬が2頭も乗っていたせいか期待する動物は現れなかったけど
ゆったりとした時間を過ごすことができてとっても楽しかった。
あと心残りがあるとすれば川下りの様子を動画に撮らなかったことかな。


f0236653_1617282.jpg

朝ごはんも食べずに出てきたので食事を軽くとってコテージを出た。
ここはカヌーの他にも乗馬や自然探索もできる。

さっ、自然を満喫した後は一度行ってみたかったアイヌコタンに行きます。



f0236653_16472112.jpg

TVでもみたことのあるフクロウのアーチの前でまずは記念撮影。


f0236653_16181371.jpg

このフクロウ木彫りらしいけど、表情や羽は本物そっくり。
ちょっと異文化な通りをかごめとTAOを連れて歩いてみる。


f0236653_16184027.jpg

アイヌ民族が住んでいたこの北海道。
攻撃されたり迫害されたりと凄まじい歴史があったみたいだけど
こうやって一部だけどアイヌの文化に触れられるのはとってもありがたいこと。
これからも絶えることなくずっとずっと守り続けられるといいよね。


f0236653_16191858.jpg

店先でキーホルダーに名前を掘ってくれるサービスがあった。
かごめはクマ、TAOはキツネ、鋼牙はフクロウ。
それぞれのキーホルダーに名前を掘ってもらった。
そして私はペンダント、
かきPはブレスレットを買いそれぞれに名前を掘ってもらった。
ちなみにこれらはかきPのおごり。

ちょっと商業主義的なところもあったけど神聖な感じもしたアイヌコタンだった。



f0236653_16201749.jpg

今日は道の駅自然体感しむかっぷまで行く予定。

途中オンネトーとナイタイ高原牧場に寄る。
道東にはヒグマをはじめ
キタキツネやタンチョウなど北海道特有の動植物が多く生息している。
オンネトーに向かう途中かきPが『キツネキツネ』と叫んだ。
急いで前方に目をやるとなんとキタキツネ。


f0236653_1620556.jpg

スピードを落としゆっくり近づいて行った。
林の中に入ろうとしていたんだけど
車が近づいても逃げようともせずじっとこちらを見ていた。
かわいすぎる。
北海道に来て初めてキタキツネに会えた瞬間だった。
道東まで来た甲斐があったってもんよね、かきP…。


f0236653_16213813.jpg

f0236653_16214917.jpg

別名五色沼とも呼ばれているオンネトー。
時間や場所で色が変わって見えるんだって。
展望台もあったから行ってみたかったんだけど却下された。
どうもかきPは先を急ぎすぎるよ…。



f0236653_16222518.jpg

あっという間にオンネトーに別れを告げナイタイ高原牧場を目指す。
日本一広い牧場でところどころに牛が放牧されていた。

f0236653_16224452.jpg

後で分かったんだけど、ここは町が経営していて
仔牛を預かり育成し、授精させ妊娠牛として分娩間近になったら飼い主に戻すという、
育成牛預託専門の牧場だった。


f0236653_16231219.jpg

向こうには十勝平野がみえる。またしても絶景に出会えた。


f0236653_16234686.jpg

そろそろ夕暮れ。暗くなってきたね。
風も強くて寒くなってきたからソフトクリーム買って帰ろうっと。


f0236653_1624589.jpg

結局このソフトクリームが一番美味しかったのよね。
濃厚でとってもなめらかでした。


ナイタイ高原牧場を後にして道の駅しむかっぷで就寝。
おやすみなさい。

[PR]

by love2_bc | 2013-09-19 23:00 | おでかけ | Comments(3)

Commented by LONmama at 2013-10-02 00:10 x
今晩 ひさびさにblogで移動
オンネトーは なんと 2010年の未公開ネタをかいたけど ameblo不調でただいま更新できずできたら オンネトーねただった 大笑い! カヌー 楽しそうだったね

メールでも書いたけど カヌーするよな深い川なら 大丈夫じゃない? 浅瀬のかわっぺりだと 糞やら落としてて 飲むによろしくない って 昔 昔 地元の人のきたけど それ もう 20年ほど前情報だけどね w

それにしても 朝霧いいね 素敵だぁ
Commented by かごまま at 2013-10-02 08:27 x
LONmamaへ

カヌーもさ、漕ぐ楽しみもあるけどこうやってのんびり乗って地元の話を聞いてなんてもとってもいいよ。
せっかく北海道まで来たんだもん、見るだけじゃなくて話も聞きたいよね。
かごめたちも今のところ特に変わったところがないからエキノコックスは大丈夫だと思うけどね。
Blog更新楽しみにしているよ…。
Commented by かきP at 2013-10-02 08:30 x
コメントいらないよ

先を急いだのは、オンネトーの後もナイタイ高原牧場(ここは私が行きたかった)、しほろ温泉で入浴、夕食、それから占冠の道の駅まで移動という予定だったから
明日早いし!

カヌーは犬キーパーだったけど、長くは感じなかった
丹頂は6月頃なら可能性高い
クマは子連れの春先が気が立っているから犬連れはクマを呼ぶ可能性あり
らしい
名前
URL
削除用パスワード