群馬への旅  まずは日光へ…☆彡





f0236653_637276.jpg




TAOのアジ練の頃はとってもよい天気だったんです。

ルンルン気分で旅に行く気満々だったのです。



ところが…



まずはかきPがコンタクトレンズを忘れて家へ引き返すことになり
出発時間が1時間遅れることになりました。





f0236653_6374167.jpg




しかし日光までは2時間足らず。気を取り直してあらためて出発したのですが、
今度は日光に近づくにつれ雲行きがだんだん怪しくなってくるではありませんか。

ポツポツ雨も降ってきたりして…。





f0236653_6381130.jpg

滝尾古道



でも引き返すわけにはいかないのでとにかく日光を目指しますが…。



紅葉の見頃はとうに過ぎているというのにやっぱり凄い人出でした。





駐車場のおじさんの『右に行って』の言葉を信じ歩いていると、
『史跡探勝路』という札があり
てっきりここを行けば東照宮に辿り着くのだろうとふたりと3匹は歩いて行くのです。



どんどん道は淋しくなっていき、ちょっと違うよね…
なんて思いつつ煌びやかな東照宮に辿り着くことだけを願いながら歩いていきました。





f0236653_639983.jpg




途中将棋の駒がいっぱい祀ってある観音堂を見つけました。

『香車堂』とも言われ安産信仰のお社です。





f0236653_6393315.jpg




そしてこのお社のすぐ裏手には切り立った岩壁があって
その下には6体の仏様が安置されていました。

ありがたくもありちょっと怖くもありと言った感じのところでしたね。





f0236653_640264.jpg




しばらく石畳を歩いていると東照宮を示す立札を見つけ
やっと賑やかな場所に辿り着くことができました。


しかしあまりの人の多さに
とうとう陽明門までは辿り着くことができず五重塔までとなってしまいましたけど…。





f0236653_6403580.jpg




散策中にかきPに踏まれた鋼牙の足を気にしつつ日光を後にして
今宵の宿となる『くろほね・やまびこ』を目指します。


途中ランままさんに教えてもらった車中泊できそうな富弘美術館に寄ってみました。

草木湖の湖畔に建つ美術館で
手足の不自由な星野富弘が口に筆を咥え描いた絵を展示してあります。





f0236653_6411967.jpg




晴れていればとってもきれいな湖なのに少し曇っていて寒々しい感じがしました。

車中泊にはちょっと淋しい感じがしたので諦めて道の駅を目指しました。





f0236653_6415277.jpg




車中泊の場所が決まったところで腹ごしらえと温泉です。

腹ごしらえは、
ここでもランままさんに教えてもらった『みどり屋』さんに行ってみますが
本日早じまいということで水沼駅前のちょっと汚い食堂へ行きました。

お世辞にもきれいとは言えない、とっちらかった食堂でした。

味はまずくはなかったのですが、
真っ黒焦げの餃子を客に出すちょっと変わった食堂でした。



すっぴん美人の湯と言われる水沼温泉センターは水沼駅の構内にあります。

とっても小さな温泉ですが地元の人がたくさん来ていました。

神経痛・五十肩・冷え性・高血圧・動脈硬化症などなど、
おじさんおばさんにうってつけの温泉です

少し熱めの湯にゆっくりつかって、
そのあと私は100円のマッサージ機でかきPを待ちます。

でも私の身体の肉付きがよかったせいか
刺激がつぼまで届かずちっとも気持ちよくなりませんでした。





お腹もふくれ、温泉にも入り
今宵の宿泊場所の『くろほね・やまびこ』でビール飲んで眠りにつきました。

[PR]

by love2_bc | 2010-11-27 20:08 | おでかけ